骨盤調整の話

2019/09/28 ブログ

骨盤がずれている。骨盤が開いている。などなど、自分の骨盤に違和感を感じている方、多いですが、なぜ、そうなってしまうのでしょう?

本来、骨盤は毎日、朝に閉じて、夜に開くという可動があります。

女性の場合、月経が始まると開き、終わる頃に閉じていきます。

でも、骨盤周りの筋肉が硬くなってしまうと、骨盤が可動しにくくなってしまいます。

そうなると、腰周りの違和感、腰痛、自律神経やホルモンバランスまで影響を受けてしまいます。

そうならないようにするためには、どうしたらよいでしょうか。

日頃から、なるべく、歩くことです。

歩く時もなるべく、骨盤から脚を前に出すようなイメージです。大股で歩くと、骨盤から出しやすいです。

陸上競技の競歩の選手は、腕を振って、腰を動かしながら、歩いています。骨盤から脚を動かすのと、普通に歩くのとでは、カロリー消費も、かなり違ってくるそうですよ

そして、定期的な骨盤調整をメンテナンスとして、取り入れると良いと思います。女性の場合は月経が終わった頃がおススメです。